お知らせ

2021.1.7 美容室・サロン

アイリストとして独立!まつエクサロン開業方法とポイントを解説。

アイリストが独立して、まつエクサロンを開業するにはどうしたらいいのでしょうか。
開業までの道のりと、成功のポイントをまとめましたので参考にしてください。


1. アイリストの年収と将来性


まつ毛エクステンションやまつ毛パーマを施術するアイリストはどの程度の収入を稼げるのでしょうか。将来性としてどの程度、魅力があるのかも見ていきましょう。

1.アイリストの年収
① サロン勤務のアイリスト
サロン勤務のアイリストの平均年収は、300万円前後です。地域や働き方で差があります。
初任給は18万円前後からスタートして、経験年数で基本給が上がっていきます。
平均月収は26万円程ですが、資格や役職を得ることによって月収30万円以上も目指すことができます。サロンによっては、別途賞与が支給される所もあるようです。
実際の求人を見てみると、給与形態として基本給+歩合給を採用しているサロンも少なくありません。初任給13万円からとされる美容師に比べると、高収入な職業と言えそうです。

② フリーランスのアイリスト
面貸し・フリーランスのアイリストは、個人事業主です。
サロンのオーナーと契約し、空いているスペースを借りて営業します。
収入のスタイルは、歩合制と時間制があります。
歩合制は収入の一定割合が自分のものとなり、残りをオーナーに支払う働き方です。
時間制は時間当たりのスペース使用料をオーナーに支払った残りが、自分の収入となる働き方です。集客力があれば月収50万円も夢ではありません。

③ サロンオーナーのアイリスト
まつエクサロンを開業してオーナーになれば、売上から必要経費を除いた金額が実質的な収入になります。年商800万円~1,000万円が目安となるようです。

2.まつエクサロン市場と将来性
まつエクサロンは、美容業界においてまだ歴史が浅く、近年周知・定着が進んだサービスです。
言い換えると、発展途上の市場であり今後も成長が見込める分野です。
まつエクサロン市場は、ここ10年以内でエステ業界の4割を超える規模に成長しました。
まつ毛に絞ったサービスで、短期間にここまで世の中の支持を得ることになったのは驚きです。
まつエクサロンの主な利用者は、20~30代の女性です。若い世代の間でも利用してみたいと思いつつも、まだ、利用に至っていない人も多いようです。まだまだ潜在的な需要を秘めています。
急成長分野ゆえに、まつエクサロン業界は慢性的な人材不足に陥っています。新規参入後に成功する余地が多く残されている魅力的な世界と言えるでしょう。



2. まつエクサロン開業までのステップ


アイリストが独立してまつエクサロンを開業する際には、何をしなければならないのでしょうか。開業にあたって最低限必要となる要件や準備して頂きたいことをご紹介します。ここで一気に疑問を解消しましょう。

1.まつエクサロン開業に最低限必要な要件とは?
① 美容師免許
まつエクサロンを営むには、「美容師免許」が必要で、これは厚生労働省の通達により定められています。
開業時には、美容理容専門学校で国家資格である美容師免許が取得されていることが大前提になります。また、二名以上のアイリストが在籍するサロンを営む場合には、「管理美容師資格」(※美容師として3年以上の勤務経験が前提条件)の取得が必要になります。

② 美容所登録
まつエクサロン開業には保健所に「美容所登録」をして、営業許可を得ることが必要です。
開業の2週間程度前に、「美容所開設届出書」を出します。
保健所の基準をクリアしていれば、審査を経てまつエクサロンの営業が許可されます。
無許可営業を行うと罰金刑に処されます。

2.民間資格やディプロマを取得する
上記2つは、まつエクサロン独立開業に必要不可欠な資格や届出でした。
独立してお客様から選ばれるサロンになるには、客観的な技術力の証明も欲しいところです。開業後でも構いませんので民間資格の取得をぜひ検討しましょう。取得できれば優れたスキル・知識の証明となるほか、自己研鑽にも役立ちます。

下記の機関が検定試験を実施しています。自分のサロンに合った資格を探してみましょう。
・日本まつげエクステテンション協会
・日本アイリスト協会
・日本まつ毛エクステンション認定機構
・日本まつ毛エクステンション専門家会

また、ディプロマ(diploma)を取得することもオススメです。
ディプロマとは、卒業証明書や業績証明書を指します。美容師免許と異なり、アイリストとして専門技術を学んだことの証明書です。
取得により「目まわりの専門士」としての権威が得られ、顧客の集客・信頼獲得につながります。入り口や施術スペースで顧客の目につくところに掲示するのが一般的です。
ディプロマは、美容系の専門学校かアイラッシュスクールに通うと得られます。通信制スクールや、セミナーで取得できる所もあります。
ディプロマ付与の有無と実績を確認して、取得機関を選びましょう。

3.営業形態を選ぶ
まつエクサロンの独立開業を考える際に大事になるのが、営業形態選びです。
自宅サロン・貸店舗・賃貸マンション・レンタルサロン、等のどの営業形態を選ぶかによって、開業の必要準備資金が異なります。
まつエクサロンは自宅で開業できるところが利点ですが、保健所の美容所登録を満たさなければならないので、改装は免れないことは理解しておく必要があります。
自宅改装費、内装費、材料費、広告宣伝費、運転資金を用意しましょう。合計で200万円前後かかります。

賃貸物件の場合は、上記の自宅改装費が物件賃貸費に変わります。敷金・礼金・保証料・初回賃貸料・火災保険料などが必要になります。
物件や場所によりますが、合計で300万円前後かかります。自宅開業には不要な賃料確保を見込んだ運転資金がいるため、用意する資金が多くなります。
開業・運転資金は自己資金で用意できれば一番良いですが、金融機関からの借入で用意することもできます。また、自己資金に加えて残りの一部を借入で賄うことも可能です。

4.開業届を出して個人事業主になる
まつエクサロン独立開業のみならず、面貸・フリーランスのアイリストも個人事業主に当てはまります。開業届が必要になりますので、注意が必要です。
該当者は速やかに、個人事業の開業届(個人の開業・廃業等届出書)を管轄の税務署に提出しましょう。税制面の優遇が得られる所得税の青色申告承認申請書も併せて提出すると良いでしょう。
各種申請届出書は国税庁ホームページからダウンロードできます。
https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/04.htm



3. まつエクサロンを成功させるポイントは?


せっかくまつエクサロンを開業しても、長続きしないのではもったいないですよね。開業までの大変な努力も無駄になってしまいます。10年後もサロンを続けていくにはどうすればいいのでしょうか。

1.提案力/カウンセリング力をつける
まつ毛をデザインして魅力的に演出するためには、目まわりだけで独立して完結させることはできません。顧客のメイク、顔立ち、要望とのバランスのとれた施術提案が求められます。
さらに、トレンドメイクや自まつ毛にあった技術に自信があっても、顧客が望む施術ができなければ意味がありません。顧客の話を聞き、好みや要望を的確にくみ取るカウンセリング力の向上に努めましょう。

2.広告媒体を決めて集客する
まつエクサロンとヘアサロンの違いは、顧客の「行かなくてはならない」という動機づけの強さです。ヘアサロンと比べると、まつエクサロンは施術しなくても生活に支障がないと感じられてしまうところがあります。
まつエクサロンを成功させるには、広告費を有効に活用して潜在/既存顧客の来店意欲を喚起していく必要があります。ホームページ、SNS、美容系集客サイトを活用して、宣伝活動を工夫しましょう。

3.リピート客を確保する
安定した経営を維持するためには、リピート客の確保が欠かせません。
お客様は、何を求めてまつエクサロンに足を運ぶのでしょうか?
高い施術技術は言うまでもありませんが、「居心地の良い空間」も重要です。
リラクゼーションという付加価値を提供できなければ顧客の定着は難しくなります。
ヒーリング音楽やアロマなど、プラスαの付加価値を提供できる工夫をしましょう。



4. アイリストとしてまつエクサロンの後継者になる


まつエクサロンの開業までには多くの準備が必要です。顧客を獲得・定着させることができるまでの期間には先行きへの不安もつきまといます。そのため、まつエクサロンの後継者として事業と顧客を引き継ぐ可能性についても検討してみたいところです。

M&Aでも独立開業できる
まつエクサロンを独立開業するには、何が何でも一から自分で始めなければならないという固定観念に縛られていませんか?M&Aによって、まつエクサロンを引き継げば、最小限のリスクと費用で独立開業することができるのをご存知でしょうか。
既存サロンとマッチングすれば、そのまま顧客も引き継ぐことができるので安定した売り上げが期待できます。ゼロベースでの創業のみにとらわれず、M&Aで開業する方法も選択肢のひとつとしてについて入れておいても損はないでしょう。



5. さいごに


いかがでしたでしょうか。アイリストの将来性から、まつエクサロン独立開業方法、成功のポイントなどを解説してきました。
まつエクサロン業界は、まだまだこれから伸びる余地が多く残された分野です。工夫次第で、理想の施術/空間と収益力を兼ね備えたまつエクサロンを作ることができます。
経営ビジョンをしっかりと描いて夢を形にしていきましょう。

=====

事業承継・M&Aにご興味のある方、又はご検討中の方は是非、後継者WORKSにお問い合わせください。後継者候補登録&ご相談は無料で受け付けています。